top of page

PRESENTATIONS (2020~)

2024年5月12日17日 ISOS-20@Hiroshima (Japan)

〇Hisako Hashimoto, 『Neutral silylyne complexes with M≡Si triple bonds: cooperativity in the reactions with small moleculesThe 20th International Symposium on Silicon Chemistry, The 9th Asian Silicon Symposium (Hiroshima, Japan), 3BI03, May 12th-17th, 2024 (Invited).

〇Nozomu Ishiwata, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto『Silyl–NHC chelate iron complexes: Synthesis and catalytic activity for hydroboration of unsaturated organic moleculesThe 20th International Symposium on Silicon Chemistry, The 9th Asian Silicon Symposium (Hiroshima, Japan), 1P13, May 12th-17th, 2024.

Christof Israel Marbella Fontanilla, Koichi Nagata, Yuto Shimizu, Seiji Mori, Hisako Hashimoto, 『Molybdenum−germanium triple−bonded complex as catalyst for hydroboration of carbonyl substratesThe 20th International Symposium on Silicon Chemistry, The 9th Asian Silicon Symposium (Hiroshima, Japan), 4CO05, May 12th-17th, 2024.

Koichi Nagata, Hirotaka Omura, Hiromi Tobita, and Hisako Hashimoto『Photoinduced one-pot synthesis of a chromium germylyne complex and its formation mechanism』 The 20th International Symposium on Silicon Chemistry, The 9th Asian Silicon Symposium (Hiroshima, Japan), 4CO04, May 12th-17th, 2024.

2024年5月10日11日 ISEMC 2024@Tsukuba (Japan)

Koichi Nagata, Hirotaka Omura, Hiromi Tobita, and Hisako Hashimoto『Photoinduced one-pot synthesis of a chromium complex with a Cr≡Ge triple bond』 International Symposium on Main-group-element Chemistry (Tsukuba, Japan), SL-1, May 11th, 2024.

2024年2月19日22日 ACCC-9 2024@Bangkok (Thailand)

〇Hisako Hashimoto, 『Synthesis and properties of transition-metal complexes featuring M≡Si triple bonds』The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry,  OR-K-02 (Keynote lecture, Invited).

〇Masahiro Matsuoka, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto, 『Photoinduced H–H and C–H activation by a Cr≡Si triple bonded complex』The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry, OR-F-01 (Oral & Poster).

〇Keita Sato, Takashi Komuro, Susumu Imashuku, Hongyi Li, Tetsu Ichitsubo, Hisako Hashimoto,『NHC-stabilized hydroaluminylene complexes of tungsten and iron: Synthesis and characterization』 The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry, OR-F-02 (Oral & Poster).  Best Poster Award

2023年11月14日 近畿化学協会有機金属部会第3回例会(東北大学・ハイブリッド形式)

橋本久子『カルビン錯体の高周期類縁体の新展開:量論反応から触媒反応』近畿化学協会有機金属部会第3回例会(招待講演)

2023年11月10日〜11日 第25回ケイ素化学協会シンポジウム(那須)

Christof Israel Marbella Fontanilla, 〇 Koichi Nagata, Yuto Shimizu, Seiji Mori, Hisako Hashimoto『Molybdenum-Germanium Triple-Bonded Complex for Base-Free Catalytic  Hydroboration of Aldehydes and  Ketones』第25回ケイ素化学協会シンポジウム, P-11(Poster)

2023年9月21日〜23日 第73回錯体化学討論会(水戸)

Masahiro Matsuoka, Koichi Nagata, Ryoma Ohno, Tsukasa Matsuo, Hiromi Tobita, Hisako HashimotoSynthesis of a neutral chromium–silicon triple bonded complex and its photoreactions with small molecules』第73回錯体化学討論会, 2D-02 (oral)

 Chinari Fukushi, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto『Synthesis, Structures, and Electronic Properties of Diiridium Complexes Coordinated by η2:η2-Lithium-Ion Endohedral Fullerene』第73回錯体化学討論会, 2Ac-01 (口頭)

Shiori Saito, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto『Synthesis and elucidation of properties of molybdenum silylene dinuclear complexes using an anthracene unit as π spacer』第73回錯体化学討論会, 2D-07 (口頭)

Yuto Shimizu, Christof Israel Marbella Fontanilla, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto, Seiji Mori『Theoretical investigations into hydroboration of aromatic aldehyde catalyzed by Molybdenum–Germylyne complexes』第73回錯体化学討論会, 2PC-02 (ポスター)

2023年9月13日〜15日 第69回有機金属化学討論会(大阪大学コンベンションセンター)

〇 Keita Sato, Takashi Komuro, Susumu Imashuku, Hongyi Li, Tetsu Ichitsubo, Hisako Hashimoto, 『Hydroaluminylene Complexes of Tungsten and Iron: Synthesis, Structure and Conversion to a Dihydrodialumene Diiron Complex』第69回有機金属化学討論会討論会,O3-01 (口頭)

2023年9月8日〜10日 令和5年度化学系学協会東北大会 

            日本化学会東北支部80周年記念国際会議(東北大学)

〇Tetsuya Otsuka, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto,『Synthesis of Zwitterionic Copper Complexes with N–Al–N Ligands』Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies 2023, 1P024 (Poster)

〇Taiki Ono, Komuro Takashi, Hisako Hashimoto,『Synthesis, Structure, and Redox Properties of a Windmill-Like Fe7S12 Cluster』Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies 2023, 1P026 (Poster)

 

〇Nozomu Ishiwata, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto,『Synthesis, Structures, and Catalytic Activity of Silyl–NHC Chelate Iron Complexes』Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies 2023, 2P004 (Poster)

〇Ayano Mitake, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto,『Synthesis of 1,8-Naphthyridine Bearing Cyclic Aminal Moieties and Its Application as a Ligand for the Synthesis of Multinuclear Copper Complexes』Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies 2023, 2P002 (Poster)

〇Masaki Kajiwara, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto,『Synthesis and Property of Organoimido Hexamolybdate and Its Application to Photocatalytic Reaction』Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies 2023, 2P011 (Poster) Excellent Poster Awards

2023年6月26日〜27日 第40回無機・分析コロキウム(協同の杜JA@山形)

◯佐藤啓太,『低原子価の水素化アルミニウムを配位子とする新しい遷移金属錯体の創製』第40回無機・分析コロキウム,山形 (依頼講演)

2023年3月22日〜25日 日本化学会第103春季年会(東京理科大学)

◯Christof Israel Marbella Fontanilla, Koichi Nagata, Yuto Shimizu, Seiji Mori, Hisako Hashimoto『Molybdenum-Germylyne Complex as a Catalyst for Hydroboration of Carbonyl Compounds』日本化学会第103春季年会, K503-1pm-01(口頭A)

◯清水雄仁、Christof Israel Marbella Fontanilla、長田 浩一、橋本 久子、森聖治『モリブデン–ゲルミリン作体によるカルボニル化合物のヒドロホウ素化反応に関する理論的研究』日本化学会第103春季年会, K503-1pm-02(口頭A) 

◯佐藤 啓太、小室 貴士、橋本 久子『アルミニウム(I)ヒドリドが配位した鉄錯体の合成および性質』日本化学会第103春季年会, K503-2am-01(口頭A)

2023年2月17日 理学・生命科学研究科合同シンポジウム 2023(オンライン開催)

◯ 佐藤 啓太、小室 貴士、橋本 久子『低原子価のアルミニウムを鍵とする金属錯体の開発』理学・生命科学研究科 合同シンポジウム 2023, O5.

2023年1月10日~11日 The 3rd Otsu Conference(Otsu

〇 Koichi Nagata,『Precise Synthesis of Mixed Anionic Polyoxometalate Complexes by Functional Group Transformation』The 3rd Otsu Conference (Otsu), B-3, Jan. 2023.

2022年11月11日~12日 第26回ケイ素化学協会シンポジウム(静岡

◯ 加藤大気、長田浩一、橋本久子 『水素架橋ビス(シリレン)錯体とニトリルとの反応:ヒドロビスシリル化反応と触媒的ヒドロホウ素化』 第26回ケイ素化学協会シンポジウム, P23.(ポスター)ポスター賞受賞

◯ 齊藤詩織、長田浩一、橋本久子 『アントラセン骨格により連結されたシリレン配位子を持つモリブデン二核錯体の合成および性質』 第26回ケイ素化学協会シンポジウム, P18.(ポスター)

2022年10月28日~31日 ASiS8 (8th Asian Silicon Symposium) Taipei, Taiwan

〇 Hisako Hashimoto, 『Group 6 metal complexes with M≡Si triple bonds: synthesis and peculiar reactivity』8th Asian Silicon Symposium, (invited lecture) 

〇 Keita Sato, Takashi Komuro, Tomohiro Osawa, Hisako Hashimoto, Hiromi Tobita『Iridium complexes bearing a silyl–1,8-naphthyridine bidentate ligand: synthesis and catalytic activity for hydrogenation of alkenes』, 8th Asian Silicon Symposium (P05) (poster)

2022年9月26日〜28日 第72回錯体化学討論会(福岡)

◯ 早坂 光平・小室貴士・橋本久子『シリル−NHC二座配位子をもつ鉄錯体: 合成およびニトリルの二重ヒドロホウ素化に対する触媒活性』第72回錯体化学討論会, 1D-04 (口頭)

2022年9月26日 第72回錯体化学討論会 ミニシンポジウム(福岡)

Precisely designed metal complex environment for new functions

◯ Takashi Komuro『Designing Multidentate Silyl Ligands for Metal Catalysts toward Functionalization of Strong Bonds』第72回錯体化学討論会, S5-03 (invited)

2022年9月17日〜18日 令和4年度化学系学協会東北大会(岩手)

◯Tetsuya Otsuka, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto『Reduction of Nitriles by Lithium Aluminum Hydride with a Bulky Alkyl Group: Formation of Lithium Imino-aluminum Clusters』令和4年度化学系学協会東北大会, 1P012 (Poster)

〇Chinari Fukushi, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto,『A Dinuclear Iridium Complex of Lithium-ion Encapsulated Fullerene C60: Synthesis and Properties』令和4年度化学系学協会東北大会, 2P011 (Poster).

2022年9月6日〜8日 第68回有機金属化学討論会(オンライン開催)

◯小室 貴士・麻上 淳平・東 周論・古山 啓介・佐藤 啓太・飛田 博実・橋本 久子 『へミラビルなSiOSi三座配位子をもつイリジウム錯体:合成およびC(sp3)–H重水素化に対する触媒活性』第68回有機金属化学討論会, O2-06(口頭

2022年8月7日11日 ACCC-8 2022@Taipei (Virtual)

〇Hisako Hashimoto, 『Group 6 metal complexes featuring metal–germanium triple bonds: synthesis, reactivity, and catalysis』8th Asian Conference on Coordination Chemistry,  KL-13 (Keynote lecture, Invited).

〇Masahiro Matsuoka, Koichi Nagata, Ryoma Ohno, Tsukasa Matsuo, Hiromi Tobita, Hisako Hashimoto, 『Synthesis and properties of a neutral chromium complex with a Cr≡Si triple bond』8th Asian Conference on Coordination Chemistry, Poster 02-06 (Poster). Best Poster Award

〇Keita Sato, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto, 『Synthesis and structure of an isolable hydroalumylene complex of tungsten』 8th Asian Conference on Coordination Chemistry, Poster 02-09 (Poster).

2022年3月23日〜26日 日本化学会第102春季年会(オンライン開催)

◯浅見 公太、長田 浩一、橋本 久子 『嵩高い置換基を持つ水素化アルミニウムリチウムの合成と性質』日本化学会第102春季年会, J202-2pm-10(口頭A)

◯西原 周佑、長田 浩一、橋本 久子『アントラセンユニットによって連結されたタングステンシリレン二核錯体の合成と性質』日本化学会第102春季年会, J402-2pm-12(口頭A) 

◯佐藤 啓太、小室 貴士、橋本 久子『単離可能なヒドロアルミレン錯体:1価のアルミニウムヒドリド化学種Al(I)Hが配位した遷移金属錯体』日本化学会第102春季年会, J202-2pm-09(口頭A)

◯小室 貴士、高岸 直生、北野 健夫、橋本 久子、飛田 博実 『リチウムイオン内包フラーレンが配位したルテニウム錯体の合成と性質』日本化学会第102春季年会, J402-4pm-16(口頭A)

2022年2月18日 理学・生命合同シンポジウム(オンライン開催)

◯ Christof Fontanilla, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto, "Unlocking the potential of molybdenum–gerganium triple bonds for catalytic hydroboration of unsaturated organic substrates" Science-Life Joint Symposium 2022, P10. (Poster) Best Poster Award

2021年12月16日21日 Pacifichem2021@Hawaii (Virtual)

Keita Sato, Takashi Komuro, Hiromi Tobita, Hisako Hashimoto,Group 9 metal complexes bearing silyl–1,8-naphthyridine Si,N-chelate ligands: synthesis and reactivity based on cooperation of metal and pendant nitrogen baseThe 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Poster).

Masahiro Matsuoka, Koichi Nagata, Ryoma Ohno, Tsukasa Matsuo, Hiromi Tobita, Hisako Hashimoto,Synthesis and properties of a chromium–silicon triple bonded complex with an Eind groupThe 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Poster).

Hisako Hashimoto, Tara Dhungana, Hiromi Tobita,Synthesis of a Mo-Ge triple bonded complex and its catalytic hydrosilylation of carbonyl compoundsThe 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (oral).

Hisako Hashimoto, Neutral silylyne complexes of tungsten and molybdenum: Synthesis and reactions with unsaturated organic compoundsThe 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (invited).

Koichi Nagata, Toru Ebihara, Hitoshi Ube, Mitsuhiko Shionoya Synthesis and asymmetric induction of a tetrahedral iron complex with metal-centered chiralityThe 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Oral).

2021年10月28日 第25回ケイ素化学協会シンポジウム(オンライン開催)

◯浅見公太、長田浩一、橋本久子 『トリシル基を持つ有機水素化アルミニウム化合物の合成と構造および反応生』 第25回ケイ素化学協会シンポジウム, P15.(ポスター)

◯松岡正紘、長田浩一、橋本久子 『中性クロムシリリン錯体と共役不飽和分子との反応』 第25回ケイ素化学協会シンポジウム, P20.(ポスター)

◯長田浩一、 『高周期14族元素–遷移金属間に多重結合を有する錯体の合成・構造及び反応性の解明』 第25回ケイ素化学協会シンポジウム, ランチセミナー.(invited

2021年10月2日〜3日 令和3年度化学系学協会東北大会(オンライン開催)

〇 Shusuke Nishihara, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto,『Synthesis and Properties of Silylene Dinuclear Tungsten Complexes Linked by an Anthracene Spacer』令和3年度化学系学協会東北大会, 2P020. (poster)

 ポスター賞受賞

〇Kouhei Hayasaka, Takashi Komuro, Hisako Hashimoto『Iron and ruthenium complexes bearing a silyl(N-heterocyclic carbene) chelate ligand: synthesis and catalysis for double hydroboration of nitriles』令和3年度化学系学協会東北大会, 1P021. (poster) ポスター賞受賞

2021年9月16日〜19日 錯体化学会第71回討論会(オンライン開催)

◯齋藤瑞己、岡田洋史、小室貴士、橋本久子リチウムイオン内包フラーレンLi+@C60が白金に配位した錯体の酸化還元挙動と一電子還元反応』錯体化学討論会第71回討論会,2D-07(口頭)

◯佐藤啓太小室貴士橋本久子『1価のアルミニウムヒドリド化学種のタングステンへの配位:NHCで安定化されたヒドロアルミレン錯体の単離と結晶構造』錯体化学討論会第71回討論会,PD2-09. (ポスター) 

ポスター賞受賞

2021年6月5日〜7日 The 19th International Symposium on Silicon Chemistry

◯Hisako Hashimoto,『Synthesis and Properties of Neutral Silylyne Complexes of Group 6 Metals』ISOS-2021, KN-35 (invited)

2021年6月4日 第38回無機・分析化学コロキウム(オンライン開催)

 

◯長田 浩一,『金属中心キラリティ:四面体型錯体の動的不斉誘導と触媒的不斉反応』第38回無機・分析化学コロキウム(invited)

2021年3月19日〜22日 日本化学会第101春季年会(オンライン開催)

◯中村亮、長田浩一、河津 貴大、松本 和弘、中島 裕美子、橋本久子『オリゴシロキサンで連結された金属-ケイ素二重結合をもつ二核錯体:合成および1Dチャネル結晶構造』日本化学会第101春季年会, A15-2am-12(口頭A)

 

◯松本力也、長田浩一、橋本久子 『モリブデンを中心とするカチオン性メタロゲルミレン錯体の合成および小分子との反応』日本化学会第101春季年会, A14-2pm-04(口頭A)

◯佐藤啓太、小室貴士、橋本久子、飛田博実 『シリル(1,8-ナフチリジン)ロジウム錯体のボラン付加体の反応性』日本化学会第101春季年会, A12-3pm-07.(口頭A) 

◯松岡正紘、長田浩一、大野稜真、松尾司、飛田博実、橋本久子、 『Eind基を有するクロムシリリン錯体と共役ジエンおよびα, β-不飽和ケトンとの反応』日本化学会第101春季年会, A12-1pm-14, (口頭A)

2021年2月19日 理学・生命合同シンポジウム(オンライン開催)

◯大村啓貴、長田浩一、飛田博実、橋本久子 『クロム–ゲルマニウム三重結合をもつ錯体の合成,構造および反応性』 理学・生命合同シンポジウム2021, P08 .(ポスター)

2020年11月6日 第24回ケイ素化学協会シンポジウム(オンライン開催)

 

◯松岡正紘、長田浩一、大野稜真、松尾司、飛田博実、橋本久子 『中性クロムシリリン単核錯体の合成および性質』 第24回ケイ素化学協会シンポジウム, 8A.(口頭)

◯佐藤啓太、小室貴士、大沢智博、橋本久子、飛田博実 『シリル(1,8-ナフチリジン)二座配位子を持つ9族遷移金属錯体:金属–配位子協働作用に基づく反応性』 第24回ケイ素化学協会シンポジウム, 9A.(口頭)

2020年10月12日 錯体化学若手の会 第5回ウェブ勉強会(オンライン開催)

◯小室貴士 『シリルキレート錯体の配位子設計に基づく特異な触媒機能の開発』 錯体化学若手の会 第5回ウェブ勉強会,(招待講演)

2020年10月2日〜3日 令和2年度化学系学協会東北大会(オンライン開催)

◯Hirotaka Omura, Koichi Nagata, Hiromi Tobita, Hisako Hashimoto, 『Photochemical Synthesis of a Chromium Germelene Complex and Its Conversion into a Germylyne Complex』 令和 2 年度化学系学協会東北大会, 1PA-029. (poster)ポスター賞受賞

◯佐藤啓太、小室貴士、橋本久子、飛田博実 『A Silyl–1,8-Naphthyridine Iridium Catalyst: 

Hydrogenation of Alkenes via Metal–Ligand Cooperation』 令和 2 年度化学系学協会東北大会, PA003.(ポスター)

2020年9月28日〜30日 錯体化学会第70回討論会(オンライン開催)

 

◯Hirotaka Omura, Koichi Nagata, Hiromi Tobita, Hisako Hashimoto, 『Synthesis and Structure of a Chromium Germylyne Complex and Its Reaction with Unsaturated Organic Small Molecule』 第70回錯体化学討論会, 1D-02.(oral)

 

◯Rikiya Matsumoto, Takahiro Watanabe, Hiromi Tobita, Koichi Nagata, Hisako Hashimoto, 『Synthesis and Properties of a Metallogermylene and Germylyne Complex having Di-substituted Cyclopentadiene Ligand』 第70回錯体化学討論会, 1D-01.(oral)

◯佐藤啓太、小室貴士、橋本久子、飛田博実 『シリル(1,8-ナフチリジン)イリジウム錯体を触媒としたアルケンの⽔素化:⾦属‒塩基性窒素協働作⽤による活性向上』 錯体化学会第70回討論会, 3PD-04.(ポスター)

bottom of page